タイで投資信託 ファンド情報

【タイ投資信託】手数料一覧(SCB米国株&カシコン全世界株)

the Japanese

🇯🇵 Thailand SSF&RMF 🇹🇭 | SCBS&P500 🇺🇸 (August 2021~ 🔰) | Fund 60,000 baht monthly 🐈 | Marriott Titanium 🍳

初心者が投資信託を学ぶなら>>>

タイ投資

タイで投資するなら

こんにちは、タイ在住の主夫です!@SPG2911

タイで投資信託を始める宣言をしたところ「リスクがあるからやめておいた方がいいよ」というアドバイスをいただきました。

これは、良い兆候ではないでしょうか。

他人からの批判は、新たな幸運を生み出します。

ところで、、、

タイで投資信託を始めるにあたり、手数料を調べたことがありますか?

いっつも忘れるんですよね。

しかも何回見ても情報量多くてわかりにくいし。

ということで、、、

手数料を軽くまとめました。

これからタイ投資を始める人も、コツコツ積み上げていきましょう。

よろしければ、応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

手数料一覧

以下、ご覧ください。

一説によると、S&P500は長期投資(20年程度)に向いていて、全世界株は超長期(30年目処)に適していると言われています。

手数料が読めない人は、もう合計だけ書くので、それしか見ないでください! シンプルに! まずは行動が大事です! 口座開設を急げ!
商品名運用費(合計)種別
SCBS&P500-SSF1.12%🇺🇸
SCBRMS&P5000.87%🇺🇸
K-WORLDX0.4819%🌍
K-US500X0.4370%🇺🇸
SCBS&P500E0.12%🇺🇸

SSFをCHECK

【タイ投資】SCBS&P500-SSFの予備知識(タイで働く人向けの節税商品)

続きを見る

RMFもCHECK

【タイ投資】SCBRMS&P500の予備知識(タイで働く人向けの節税商品)

続きを見る

全世界株をCHECK

【タイ投資】K-WORLDXの予備知識(アメリカから世界へリスク分散)

続きを見る

入金報告

さて、、、

2021年8月25日スタートですが、少し早めに購入手続きをしました。

年間予算は72万バーツ(うち、40万バーツをSSF&RMFに使用します)ですが、本年は途中からですので、SSFとRMFのみに投下して節税対策をします。

今年の予算は30万バーツです。

  • SSFに150,000THB
  • RMFに150,000THB
30万バーツは日本円で約100万円です。年収から控除し「還付金」を「再投資」に回します。一種の「配当」と考えて良いでしょう。

主夫の悩み

実は、まだ少し悩んでいることがあります。

それは、、、

予算72万THBから40万THBを節税に利用したあとで、残りを「何に使うか」です。

今年の使い道は決めましたが、来年の予算案が、まだです(笑)。

ただし、すべて同じ「商品」に投資する。

そう決めています。

投資信託は既に分散されている商品ですので、、、

予算32万THBを「米国株」と「全世界株」の2つに分けて投資することは考えていません。

32万THBを「米国S&P500」にするか「全世界株(タイのeMAXIS Slim)」に投下するか、、、

  1. 既に投資信託というリスクヘッジを行っているので「ビビって資金を分けない」こと。
  2. 還付金なども加えると、年間40万バーツ近くなるので、安易に分けて「元本を低くしてしまわない」ように。

ゆるく考えます! 行動しながら!

シンプル投信のみ

  • 「節税配当(還付金)」を「再投資」する
  • 「長期」か「超長期」を見据えて
  • 「米国」か「世界」を考える 
いずれにせよアメリカ中心の考え方ですが、米国200% or 米国150%を選択する必要があります(全世界株の半分は🇺🇸で構成されてます)。

タイ株は考慮せず

優先順位(暫定)

そこで、優先順位を付けてみました。

勝手にランキング

  • SCBS&P500-SSF
  • SCBRMS&P500
  • K-WORLDX(←全世界*どっちに全力投球するか考え中
  • K-US500X(←アメリカ)
  • SCBS&P500E
SCBS&P500Eは手数料が安いですが、100万THBの制限があるので、最初から考えていません!

SCBS&P500Eを100万THBではなく、K-US500Xを300万THBだと元本で運用費をカバーできますし、3年以内に100万THBを超えてしまいます。

ですので、最初から3年100万THBに制限した運用ではなく、20年600万THBで考えています。

タイ投資シュミレーター

こちらもCHECK

【タイ投資】資産運用シミュレーション

続きを見る

米国株

SCBS&P500-SSF

合計:1.12%

チェックリスト

  • 構成銘柄=S&P500指数(米国主要企業500社
  • 利回り=S&P500指数と同等(目標)
  • 経費率が高い=利益が低くなるが、、、
  • 節税可能=還元で手数料の高さをカバー
  • 期間=10年目処

経費率は変動します。あくまで目安としてご利用ください。

 

SCBRMS&P500

合計:0.87%

チェックリスト

  • 構成銘柄=S&P500指数(米国主要企業500社
  • 利回り=S&P500指数と同等(目標)
  • 経費率が高い=利益が低くなるが、、、
  • 節税可能=還元で手数料の高さをカバー
  • 期間=20年目処(年齢による)*目安55歳

経費率は変動します。あくまで目安としてご利用ください。

K-US500X

合計:0.4370%

チェックリスト

  • SSF/RMFと同じ(S&P500指数)
  • SCBS&P500Eと比較=経費率で劣るが、、、
  • カシコンの全世界株と同等の経費率
  • 制限なし(SCBS&P500Eは฿100万まで or タイ人のみ)
  • 最初からK-US500X一択でOK(元本を大きく持てる)

経費率は変動します。あくまで目安としてご利用ください。

SCBS&P500E

合計:0.12%

チェックリスト

  • SSF/RMFと同じ(S&P500指数)
  • タイのS&P500Eで一番経費が安いが、、、
  • 外国人開設不可(฿100万まで)
  • 長期で元本が฿100万を超える予定なら、、、
  • 最初から考慮する必要なし

経費率は変動します。あくまで目安としてご利用ください。

全世界株

K-WORLDX

合計:0.4819%

チェックリスト

  • タイで全世界株に投資できる
  • タイで購入可能な「eMAXIS Slim」
  • 構成銘柄=MSCI世界株価指数
  • 中身=iShares MSCI ACWI ETF
  • カシコンのS&P500と同等の経費率
  • タイで全世界ならコレがおすすめ

経費率は変動します。あくまで目安としてご利用ください。

まとめ

積み立てを始めよう

積立投資は、途中でやめてもいいと思っています。

お金が厳しい時には、無理せず「休暇」を取りましょう。

積み立てが大切なポイントは、「お金を準備する癖をつけること」です。

急な出費が必要なときに、いつもお金がない人っていますよね。

あれ、私のことです(笑)。

もしかして、あなたもですか???

でも、、、

常に20万円分の投資資金を集める習慣を大事にしておけば「お金がない自分から脱皮できる」と思いませんか?

多分、それが本質であり、いちばん大事です!

投資仲間、求む

私もまだまだ初心者です。

恥ずかしい数字を公開していきます。

どうぞ、笑ってください。

私は生きている間、そうやって楽しむつもりです。

Twitterのフォローやブログのブックマーク、よろしくお願いします(SNSのシェア大歓迎)。

少しずつ積み上げていきましょう、一緒に。

投資以前に会計の知識を身に付けましょう。お金にはルールがあります。

さくっと会計知識を身に着ける本

  • お金にかかっているコストを知っている?
  • 自分の「資産」と「負債」を把握してる?
  • 「入金」を早くして「出金」を遅くした方が良い?

日頃から「こんな給料じゃ嫌だ!」と思ってる人は読みなさい!(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ブログランキング・にほんブログ村へ

-タイで投資信託, ファンド情報
-, ,

© 2021 Thailand SSF&RMF