タイで投資信託

【タイにおける投資信託】米国株と全世界株で税制優遇あり&なしを使い分け、長期運用で老後を見据える

the Japanese

🇯🇵 Thailand SSF&RMF 🇹🇭 | SCBS&P500 🇺🇸 (August 2021~ 🔰) | Fund 60,000 baht monthly 🐈 | Marriott Titanium 🍳

世界一ラクにお金を増やすなら>>>

タイで投資信託する主夫

自己紹介

こんにちは、タイ在住の主夫です!@SPG2911

2021年8月25日より、タイで投資投資を始めました。

このブログでは、月20万円の投資積立を、長期に渡ってタイで運用すると、どんな感じで推移していくのか、を公開しています。

月額20万円のタイ投資

  • 月額6万バーツ(約20万円)
  • 年間予算72万バーツ(240万円程度)
  • 期間は20年以上
  • 目標5,000万円(元本のみ)
  • S&P500 (SSF/RMF) *IVV
  • iShares MSCI ACWI ETF *ACWI
1ヶ月目はこんな感じです! ちなみに記事執筆中は61,417ですので、6万バーツぐらいだと、1日で1,000バーツ前後上下します。

これからタイ投資を始める人も、コツコツ積み上げていきましょう。

よろしければ、応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

投資の目的

目的は、年収300万円の収入を生み出すコピーロボットを作ることです。

年収300万円の利息を生むためには、元本が必要です。

私たちは、老後に300万円あれば十分生きていけると考えていますので、だいたいそのあたりを目指して頑張ります。

もちろん、もしもの時は元本を崩せば良いので、あまり深くは決めていません。

月20万円をコンスタントに20年間積み立てると、4,800万円になりますので、元本だけで5,000万円を目指しています。運用収益は欲張らず、4%を想定しています。為替レート等も鑑みて、約6万バーツと想定しています。

ポートフォリオ

基本的には、2つです。

長期で米国株。

超長期で全世界株。

税制優遇のあるS&P500 (SSF/RMF)を毎年40万バーツ積み立て、資産が5,000万円になった時点で全世界株一本にするつもりです。あくまでも現時点でのプランですが、リスクを下げます。

タイにおける投資信託

予算は?

予算は年間72万バーツです。基本的には、金額の変更は予定していません。

「今月は投資信託サボって、20万円で遊ぼうぜ!」みたいなことも言うと思います。

それぐらいのんびりした考えで、あまり走らない投資を心がけています。

内訳は?

米国株:40万バーツ

全世界株:32万バーツ

10年間ぐらい、構成に変化はないと思います。

変化があるとしたら、SSFやRMFの役目が終了した時点で、すべてを全世界株に置き換えることは検討視野に入っています。

シャム
考えるの早くない?
いや、ゴールを最初に設定しているので、自然とこうなるんだよ。もちろんリスクヘッジなど考えながら、計画を変更することはあると思うけれど……

ポートフォリオ

税制優遇がある

タイには税制優遇付きの投資信託があります。

  • SSF (Super Saving Fund)
  • RMF (Retirement Mutual Fund)

ちなみに、税制優遇付きの投資信託は保有期間などの制限があります。

保有期間

SSFは10年間、RMFは55歳までの保有を原則としています。

リスク
  1. 早期に解約できない
  2. 緊急時に対応できない
  3. 投資だから損失の可能性がある
税制優遇

投資した金額が、個人所得税の計算時に「費用」として認識可能。つまり、年収から投資金額をマイナスして、課税所得を抑えることができます。

我が家では、年収が約100万バーツの妻に対して、40万バーツの投資を行いますので、100-40=60が課税所得になりますね。

さらに詳しく

税制優遇投資は、主に私のような長期滞在者向けであり、駐在員さん等は税制優遇なしのタイ投資&外国株のタイプになります。

こちらもCHECK

【タイ投資】SCBS&P500-SSFの予備知識(タイで働く人向けの節税商品)

続きを見る

こちらもCHECK

【タイ投資】SCBRMS&P500の予備知識(タイで働く人向けの節税商品)

続きを見る

税制優遇がない

税制優遇をフルに活用するためと、卵を1つのカゴに盛らないように、また分散しすぎないために、米国株が半分を占める全世界株にしました。

卵は一つのカゴに盛るな

資産運用に関することわざです。
全ての卵を1つのカゴに盛っていた場合、そのカゴを落とせば全ての卵が割れてしまいます。しかし、いくつかのカゴに分けて卵を盛っていれば、カゴの1つを落としても全ての卵を割ってしまうことは避けられる、という教えです。つまり、資産運用で大切なのは、「投資先や投資時期などを分散させること」なのですが……あまり分けてもリターンは期待できません。そういうことで、私はアメリカに盛っています。

こちらもCHECK

【タイ投資】K-WORLDXの予備知識(アメリカから世界へリスク分散)

続きを見る

今後の予定

SSFを解約

S&P500のパフォーマンスにもよりますが、様子を見て、節税対策が利用できる限りは継続します。

理想はRMFの解約と同時期が良いですね。

20万バーツ*20年間=400万バーツ

RMFを解約

55歳まで、25年以上あります。

それまで解約できません。

20万バーツ*20年間=400万バーツ

全世界株だけ

最終的には全世界株だけにして、リスクを抑えるつもり(私なりの考え)です。

32万バーツ*20年間=640万バーツ

元本だけで1440万バーツになりますね。

こちらもCHECK

【タイ投資】資産運用シミュレーション

続きを見る

個別株について

転職次第

大手監査法人に勤務していると、個別株を簡単に購入できません。

同僚がインサイダー取引で逮捕されたりと、いろいろありますから、しないことにしています。

本当はどこか病院の株でも欲しいのですが、監査法人として関係していた場合、問題です。

そういったわけで、大手監査法人から小さい会社へ転職した場合に、個別株にチャレンジしたいと考えております。

ただ、メインは投資信託です。

まとめ

将来は全世界株

卵を2つのカゴに盛って、最後に1つに絞る。

これが、私の投資信託プランです。

20年も先の話ですから、何があるかわかりません。

ですので、20年間毎月20万円を積み立て、元本だけで5,000万円になっていれば合格としています。

頑張っていれば、良いこともあるでしょう(笑)。

投資仲間、求む

これからタイ投資を始める人も、コツコツ積み上げていきましょう。

私もまだまだ初心者です。

恥ずかしい数字を公開していきます。

どうぞ、笑ってください。

私は生きている間、そうやって楽しむつもりです。

Twitterのフォローやブログのブックマーク、よろしくお願いします(SNSのシェア大歓迎)。

少しずつ積み上げていきましょう、一緒に。

最近読んだ本

お金のないヤバい40代に読んで欲しい投資本

  • 準備さえきちんとすれば、誰でもいつでもセミリタイア
  • リタイアの心構え、年金、貯金の仕方、資産運用法など
  • タイで退職準備するなら読んで欲しい

まずはお金を貯めて、貯めたお金を投資に回し、お金にお金を稼いでもらう仕組み(=経済的自立)を作りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ブログランキング・にほんブログ村へ

-タイで投資信託
-,

© 2021 Thailand SSF&RMF